【逆鱗日和R】『モンスターハンターライズ』に想う

衝撃の9月17日

 

2020年9月17日の俺の誕生日は、ゲーム業界にとっても忘れられない1日となった。

すでにあらゆるゲームメディアはもちろんのこと、一般誌やテレビでもこの日の詳細が報じられているので、いまさらこの場であーだこーだと記すつもりもない。

……いや、一応書くと(書くんじゃねえか)、待ちに待っていたプレイステーション5の発売日は11月12日で(早いな!!)、希望小売価格は通常版が49980円、デジタル・エディションが39980円とのこと!!

PS5

正直、想像よりも10000円くらい下回った。それもあってか、本日(9月18日)より各種通販サイトや量販店で始まった予約には人が殺到し、抽選販売とするところが多いようだが、魅力的なソフト群に支えられてしばらくは本体争奪戦になりそうだな……。俺も、乗り遅れないようにしないと……。

そんな、プレイステーション5の興奮冷めやらぬ同日の夜、

「まだ9月17日は終わらない!!!」

とばかりに、任天堂がNintendo Switch用の新作を紹介する番組“Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9”を配信。なんとそこで……日本全国数百万人のハンターが待ち望んでいた、“スイッチのモンハン”が発表されてしまったではないか!! その名も……!!

『モンスターハンターライズ』!!!

ライズ

『モンハン』プレイ日記の元祖、『逆鱗日和』シリーズの作者として、ちょっとこのゲームのことを綴りたいと思う。

あのころのように

『モンスターハンターライズ』の詳しい内容については、何気にコロコロオンラインの↓こちらの記事が超詳しい。

※『モンハンライズ』の詳細情報はこちらで!

Nintendo Directの放送終了後、“モンハンDirect”と題して、辻本良三プロデューサーと一瀬泰範ディレクターが『モンハンライズ』の詳細を語ったんだけど、その内容を余すところなく追いかけた記事になっている。詳しくはぜひ、上記のリンク先の記事を読んでもらえればなと。……まあ、書いたの俺だけどな。

いやしかし、とんでもないゲームが来てしまったな……。

ずっと待っていたのだ。

辻本プロデューサーが『モンハンライズ』のコンセプトとして語っていた、

“いつでも、どこでも、誰とでも”

遊ぶことができる、Nintendo Switchに対応した新作の『モンハン』の登場を。どこに行くにも『モンハン』が手の中にあった、若かったあのころに戻ってみたいな……って、詮無きことを考え続けてきたからなぁ。

ライズ

もちろん、俺はいまだにチクチクと『モンハン:ワールド』を遊び続けている人間なので、ここで見られるハイエンドな世界を否定するものではまったくない。要は、このふたつがそろうことで文字通り“いつでも、どこでも、誰とでも”が分厚く実現され、結果、

「俺のモンハン世界が、より盤石になるぞ!!!」

と、昨夜から小躍りして眠れなくなっているのである。

俺が見るに『モンハンライズ』は、いかにも『モンスターハンターポータブル』や『モンスターハンタークロス』シリーズを手掛けた一瀬さんぽい雰囲気だなと思った。

そこはかとなく漂う和の気配と、ひとクセもふたクセもありそうなNPCたち。緻密ながらも派手さを忘れないハンターのアクションや、かわいくもかっこいい新たなオトモ“ガルク”にも、そんな“匂い”を感じる。

ライズ

“翔蟲(かけりむし)”を利用した立体的な動きと、多彩なアクション。

ライズ
ライズ

シームレスにつながるフィールドでは、翔蟲を活かしたタテの動きがより効果的に活きるはずだ。

また前述のガルクに乗ることで、広大なフィールドを駆け巡りながら探索する“狩る以外の楽しみ”も、より深まっているんじゃないかと想像する。

ライズ
ライズ

アイルーとガルクを使い分けることで、狩猟時の立ち回りはこれまで以上に多彩になるのだろう。

ライズ
ライズ

そして深まった世界観の中で展開するモンスターたちの生態も、より興味深いものになっているに違いない。


ライズ

何より……メインモンスターの“怨虎竜”、マガイマガドの禍々しさよ……!!

ライズ
ライズ

ナルガクルガの敏捷さと、ゴア・マガラの不気味さを合わせもったようなルックス。その全身に張り巡らされた紫のオーラは、何を意味しているのか……??

まったくもって、興味は尽きない。

今回公開された映像だけで年末くらいまで議論できるな……と本気で思ってしまったくらい、昨夜の発表は要素がてんこ盛りだった。そんなゲームが……わずか半年後の2021年3月26日には手元にやってきてしまうのだよ!!

ライズ

『モンスターハンターライズ』が発売されたら、あのころみたいに仲間と集まって、ワチャワチャと狩りがしたいなぁ……。ネットを介して遊ぶのも楽しいけど、やっぱりリアルに顔を見ながら出掛ける狩猟は、ナニモノにも代えがたい幸せが詰まっていたから。

いやもちろん、その際はソーシャルディスタンスと、マスクの着用も忘れずに。時代と状況に合わせた遊び方で、新たな『モンハン』に向き合いたいと思う。

つぎの情報……お待ちしてます!!!

『逆鱗日和』特設サイトはこちら!!ブックマークしてね

モンスターハンター:ワールド
■メーカー: カプコン
■対応機種: PS4・Steam
■ジャンル: ハンティングアクション
■発売日: 2018年1月26日
■希望小売価格: 8,980円+税